過ごしやすい環境づくり

高齢社会になるにつれて

笑顔

これからの日本は高齢社会になってきます。と言う事は介護が必要な人が増えてくるのです。介護をする中で、やはり一番困難なのは室内での階段です。階段はお年寄りにとって、本当に大変な所なのです。そんな階段を少しでも上がりやすくする為には、手すりが必須です。手すりを取り付ける事によって、驚くほど階段がスムーズになります。今の階段はほとんど手すりが付いていますが、まだ設置されていない所があるのも事実です。介護がし易くなるのは勿論ですが、お年寄りの膝や腰に掛かる負担も減ります。やはり年を取るにつれて、足腰の力は衰えていきます。その足腰を支える為にも、手すりを取り付ける事はとても大事な事なのです。さり気ない部分ですが、少し見直すだけでお年寄りが暮らしやすい環境が作れるのです。

お年寄りが生活し易くしましょう

お年寄りは階段も勿論ですが、実は一番怪我の多いのは浴室なのです。浴槽で滑って怪我をしてしまうお年寄りが増えているのです。そんなお年寄りを減らす為にも、浴室に手すりを取り付けましょう。特に湯船に入る際に足を滑らせてしまう事が多いので、湯船にも手すりは必要でしょう。階段や浴室だけで無く、室内には手すりが必要な所が多いのです。その手すりを取り付けるだけで、お年寄りにとってとても生活し易くなるのです。これからの高齢社会に向けて、手すりの取り付けを検討するべきなのではないでしょうか。まだまだお年寄りの方にとって、生活するのに不便が生じているが現実です。手すりを取り付けて、少しでも生活し易く、介護し易くするできだと思います。