安全面を考える

高齢になっても暮らし続けるための備え

手すり

なるべくなら若いころ購入した住まいでできる限り暮らしていきたいものです。しかし加齢とともに体力はどうしても低下してくるものです。若いころは将来のことをあまり意識していないで住まいの購入をしていることがほとんどですから、住まいの中に小さな段差があったりして危険を伴うこともよくあります。またどうしても足腰が弱ってきますから、手すりの取り付けを住まいのいたるところにすることで、つかまりながら歩行ができるようになります。手すりの取り付けがしてあると、体を支えることができますし、万が一の転倒の可能性のある時にも手すりに掴まることで大きなけがにならないで済むことができます。そのためにも手の大きさにフィットした手すりを選ぶようにしなければなりません。

手すりの取り付けで暮らしやすくする

体の大きさは個人差があります。そのために手すりの取り付けは、誰がその手すりを利用するかに合わせてその人の背丈に合わせて取り付けをしなければなりません。もっとも体に負担の少ない、自然な形になる位置を選ぶようにしなければなりません。なお手すりの取り付けは、すでに介護保険の認定を受けている場合には介護保険の中の住宅改修費用の名目で一部助成を受けることもできます。業者の中にはあまり福祉の制度に詳しくない方も多くおられるので、ケアマネージャーなど介護の専門員に橋渡しをしてもらうことでなるべく自己負担額の少ない住宅改修になるような方法を選ぶことも検討するといいでしょう。高齢になりしだいに体力が低下しだしたことを意識しだしたら、それに見合った住まいに変更することも必要です。